アイテムマッチを効果的に活用する方法について、今まで記載しました。
アイテムマッチ活用法
ただ、いきなり広告費を大きくかけることは出来ないし、効果の高そうな商品に絞ってアイテムマッチに広告を出したいという場合もあると思います。
そのような場合に、弊社で行っているROASが高くなりそうな商品に絞った上でアイテムマッチに出す方法について記載します。

ROASとは?
ROASとは費用対効果のこと。広告費に対してどれぐらい売上があるかを見る。例えばROASが1000%という場合は、広告費の10倍(1000%)の効果があり、1万円の広告を書けて10万円売れている状態。

ストアクリエイターの商品別データを見る

Yahoo!ショッピングのストアクリエイターで商品別のアクセスや転換率などが見れますので、そのデータを弊社で利用しているエクセルに入れると、想定ROASが出てきます。
まず、こちらのリンクからROAS計算用エクセルをダウンロードしておいてください。

アイテムマッチROAS計算用Excelダウンロード

なおこのアイテムマッチROAS計算用Excelでは、入札単価(クリック単価)を20円にした場合で計算しています。
アイテムマッチはジャンルによって10円または15円から広告に出せますが、最低価格だとあまりクリックされないので20円にしています。

ストアクリエイターの商品別データをダウンロードする

Yahoo!ショッピングの管理画面であるストアクリエイターにログインして、統計情報→基本情報をまずクリックします。
ストアクリエイター基本情報を見る
画面が切り替わるので、「商品別」をクリックします。
統計情報で商品別を開く
商品別は「日別」になっているので、「月別」に切り替えます。さらに確認したい月を選びましょう。
※任意の期間で見たい場合は、日付を変えても大丈夫です。
商品情報で月別にする
確認したい月に切り替わったら、「CSVダウンロード」ボタンを押します。
商品別でダウンロードボタンを押す
ダウンロードしたCSVのデータを、先ほどダウンロードしておいたアイテムマッチROAS計算用Excelに貼り付けると、以下のように想定ROASが表示されます。
アイテムマッチの想定ROASが出る
このエクセルでは、想定されるROASが1000%以上の場合に緑で強調するようにしています。
まずは1000%以上になっている商品でアイテムマッチを試してみてください。

期間の選び方

弊社でこのROAS計算エクセルを使う場合は、「先月」「去年の同じ月」「去年の1ヶ月先の月」の3ヶ月分ダウンロードしてチェックするようにしています。
こうすることで、今調子が良い商品とシーズン的にこれから売れてくるであろう商品がチェックできます。
ROAS計算用Excelはシートの保護などはかけていないので、複数の月で確認するときはシートをコピー(複製)していろいろな月の商品別データを貼り付けて確認してみてください。

定期的に見直しを行いましょう

このROAS計算用Excelで計算できるのは、あくまで想定されるROASです。
実際にアイテムマッチに出した場合はこのエクセルのROASと変わってくることが普通なので、定期的に商品のROASをチェックしましょう。
商品別ROASチェックの仕方