Yahooショッピングサーチ対策の流れ

この記事では、どのようにYahooショッピングサーチ対策をしたらよいか、一般的な流れについて解説します。

以下のような流れで進めていくと効率的です。

  1. 対策するキーワードを探す
  2. 現在の順位をチェックする
  3. 商品情報を編集し、商品の基礎点を上げる
  4. 次の日に結果をチェックする

対策するキーワードを探す

SEOをする上でまず最初にすべきなのは、どのようなキーワードでSEOをするか決めることです。
理想は検索回数が多くて競合が少ないキーワードを探すことですが、そうしたキーワードの探し方については次項で解説します。

順位をチェックする

対策する前の状況が分かっていなくては、対策をした結果どうなったかの検証もできません。
そのため、対策前に順位をチェックする習慣をつけましょう。
キーワードによっては、自分が思っていなかったキーワードを見つけたので圏外になっていることも多々あると思いますが、その場合も対策したことで圏外から上がったと分析できるようにすることが重要です。

商品情報を編集し、商品の基礎点を上げる

対策するキーワードが決まったら、そのキーワードを商品名に入れるなどして商品情報を適正化していきます。
どのように商品情報を編集すると基礎点が上がるかについては、YahooショッピングSEO(4)以降で解説予定です。

次の日に結果をチェックする

対策をした結果、順位が上がったのか次の日以降にチェックします。
Yahooショッピングの検索エンジンは、編集した内容は現在2~4時間するとサーチに反映されることが多いですが、まれに半日程度かかることもあります。
このため、次の日以降にチェックすると効率的です。